So-net無料ブログ作成

越後雪獅子祭 [フォトラン]

三度、スノーシューカップ。

トレイルランナーズさんが主宰する「スノーシューカップ」は今年は全3戦。
長岡、胎内と参加してきましたが、3戦目の三条大会は夜勤明け。
・・・迷いました。さすがに夜勤明けで走るってどうなん!?と。
でも、ここまで参加してきたら、やっぱり最終戦も走りたい!と決まりました。
職場を出て、高速道路で三条へ。
なんとか受付終了の15分前に、会場に着くことができました。
当日参加も可なので、ずっと当日参加で参加しています。

P2140069.JPG

「スノーシューカップ 三条大会」は、「Winter Trail Games~越後雪獅子祭」のイベントの一環として開催されました。
会場は、三条市から世界に羽ばたくアウトドアメーカー「Snow Peak」の本社がある、
Snow Peak Headquarters」です。本社と直営店の隣に広大なキャンプ場が広がっている場所です。

三条っていうか下田(しただ)ですけどね。

P2140003.JPG

開会式のあとコース説明。
地図を見てもさっぱりわかりませんが、現地でお会いした「銀のねこ」さんに、
「こっから出て、ぐるーっと回ってくるんだよ」と教えてもらう。
そのくらいの認識で十分そうです。

P2140015.JPG

参加者は80人ちょっとだそうです。
今回もショート(3km)とロング(6km)の2部門があり、
「どうせ出るなら長い方」で6kmにエントリーです。
・・・・・・夜勤明けなのに。

P2140016.JPG

スタートから落ちるような坂。
いきなり難所です。

P2140017.JPG

スタートすぐは吹雪。
顔に打ち付けてくる雪が冷たい。
写真どころじゃない。

P2140020.JPG

吹雪はすぐに収まったので、とりあえず安心しましたが、
しばらく走って気が付きました。
やっぱりもう体力が残ってない。ああ、夜勤明け。
一応、仮眠時間に1時間ちょっとは寝たんですけどね。
身体は重いは足は上がらないわ。
今回は、もう歩きでもいいかなってくらいに歩く。
1周目からそんなでいいのか?って気もしますが。

P2140025.JPG

三条大会は平坦だから、物足りないかもよーと聞いていたが、
なんのなんの、斜面を上がったり下がったり。
体力がないもんだから、これまでスノーシューカップでこけたことなかったのに、
踏ん張りがきかなかったりして、何度もコケました。
斜面を駆け下ってきて、カーブで曲がれなーい。ダーイブ!みたいな。

まぁ、それがまた楽しいんですけどね。

P2140036.JPG

どうにか1周してきました。
だいぶくたびれていますが、もう1周あります。
コース誘導のスタッフに「2周にしたの後悔してる?」と言われる。
「いえいえ!まだまだいきますよ!!」
と返してバッタバッタ走る。

P2140039.JPG

天候は落ち着いてきました。
せっかくのスノーシューカップです、やっぱ走らんばらろ?と思って、
えっさえっさと走ります。
途中で立っていたスタッフに「辛い?」と声をかけられましたが、
「楽しいでーす!」と言って駆け抜けます。

もちろん辛いです、でも、楽しいです。

「雪があるから、
 山があるから
 自然があるから、
 私たちは遊べる。」
「越後雪獅子祭」のパンフレットにはそんな言葉が書かれています。
まさにその通りだと思います。
雪国にとっても雪は寒いは降り積もるは、生活にとって不便なものでしかありません。
でも、雪国で暮らしているからこそ、こうして雪で遊べるのです。
なら、日ごろの雪への大変さはとりあえず忘れて、
こんな時は目いっぱい、雪を楽しみたいですよね。

P2140062.JPG

なんとか1周目よりは走っている感じで来ました。
ああ、もうちょっとでゴールだと思うと、体力がなくても寂しいもんですねぇ。
もう1周行けと言われてもこの日は、とても無理だと思いますが。

P2140065.JPG

さぁ、ゴールですが・・・・・・
スタート直後に駆け降りた急坂を、登れっていうんだねこのコース・・・・・・

P2140067.JPG

おりゃああああ!
と、残る力を振り絞って、駆けあがってゴール。

これにて「スノーシューカップ」制覇です。
なお、全部出たからと言って、特別何かもらえるわけではありません。
ただの自己満足です。
今年は、たまたまうまく休日があって3戦できましたが、
今後、こんな風にうまく日が合うことはないんだろうな、と思ったのも、
今年は頑張って3戦参加しようと思った理由でもあります。

スノーシュー、楽しいですね。
雪質にもよりますけど、だれも歩いてない雪原を、雪煙をあげて走っていくのは爽快です。
すっかり虜ですよ。

P2140076-1.JPG

これまで時間的な都合もあって表彰式まで見たことがなかったので知らなかったのですが、
長岡、胎内、そして三条と「銀のねこ」さんが、ロング一般女子で3連勝だったそうで、
凄すぎます。
おめでとうございます!!


大会後、「いい湯らてい」で汗を流して、ゆっくり休もうと思っていたのですが・・・・・・
(車にはしっかり寝袋を積んで行った)
何度も確認して荷物を準備したのに、着替えを持ってきていない!
しかたなく、そのまま帰って自宅で汗を流すことになりました。
行きはまだ徹夜明けハイテンションも手伝って、元気にドライブしてきたけど、
さらに疲れた状態で下田から帰るのはつらかった・・・

さて、「越後雪獅子祭」は1日では終わりません。
そして雪の女王の伝説が続きます。


現地でお会いした、銀のねこさん、Aさんありがとうございました^^
みんな冬でも元気ですねー。

【OLYMPUS TG-620】


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 2

銀のねこ

夜勤明け、お疲れさま~!

いやー、思ったほど天候も崩れず良かったね。
スノーレースは参加者もまだまだ少ないし、
特に女子は選手層も薄いしでラッキーってコトもあるんよね。
だって、長岡大会ではガチで走った私も、
ファンランで最終ランナーとしてゴールした女子も、
どっちも表彰台だもんね。^^;(てか、ロングは3人しかいなかったという・・・)
ナンともビミョーな気分だったわ~。(笑)
by 銀のねこ (2015-02-17 21:41) 

hase

銀のねこさん>>

お疲れ様でした~
そうですよね、参加者まだ少ないですよね。
でも、毎回優勝するってのはなかなかできることではないと思いますよ。
スタートした時は、ずっとこんな天気だったらどうしようかと思いましたが、
晴れ間も見えたりで助かりました。

by hase (2015-02-18 01:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。